ベトナム航空修行 #02 バンメトート編 チュングエンホテルも紹介

ベトナム航空の修行の旅。第二弾は、ベトナム中南部の街「バンメトート(Buôn Ma Thuột)」です。後半は、Trung Nguyên Coffee Resortについても紹介しています。

広告

前回までの修行のおさらい

日付区間取得マイル数累計マイル数搭乗回数航空券代
2022/07/03SGN-PXU143マイル143マイル110,340円
2022/07/05PXU-SGN143マイル286マイル2

シンチャオ!あらふね(instagram@365viet)です。さて今回は、ベトナム航空の上級会員を目指して、ベトナム中部高原地域のダクラク省バンメトートを旅してきたという記事です。ベトナム航空の修行僧としては、まだまだ小坊主といった具合です。搭乗回数が20回以上にならないと、チタニウム会員としての効果は発揮されませんので、しばらくはガマンの日々が続きます。

SGNからBMVまで

タンソンニャット空港から出発

初の早朝便

今回は、タンソンニャット空港を早朝6:20に出発する便を選びました。預け入れの荷物もないし、30分前に到着すれば余裕だろうと思って、Grabで空港へ向かいました。しかし、早朝のタンソンニャット空港は意外と混んでいて、荷物検査に時間を要してしまい、締め切り前ギリギリの搭乗になってしまいました。個人的には、国内線とは言え45分前には空港に着いていた方が安心だと思いました。

VN1414の機内サービス

機材はA321で、シートは3×3です。紙おしぼりとミネラルウォーターが配られます。タンソンニャット空港からバンメトート空港までの飛行時間はおよそ30分間です。離陸して、水平飛行に入ってベルト着用サインが消えて、すぐにまた着陸体勢に入ります。通路を挟んだ隣の乗客は日本の方でした。出張か何かですかね?お疲れ様です。

バンメトート空港に到着

荷物の受取エリア

バンメトート空港は、かなり清潔感のあるキレイな空港でした。シンガポールのチャンギ空港を小型にしたような雰囲気です。さすが、Trung Nguyên Coffeeのお膝元ですよね。きっと市政としてはだいぶ潤っているのでしょう。荷物受取エリアにもThành phố cà phê(コーヒーの街)と看板が掲げられていました。

Grabの利用は空港の外で

バンメトート空港から市街地まではおよそ7.5kmです。一人旅の場合は、Grabが便利です。但し、空港敷地内はGrabバイクの出発地に指定できませんので、300m位歩いて敷地外に向かって下さい。待機してるGrabの運転手を見付けられると思います。後半は、Trung Nguyên Coffee Resortについて紹介していきます。カムオン!

タイトルとURLをコピーしました